終了した展示

近藤真理子個展「お気に入りの本棚」

近藤真理子個展「お気に入りの本棚」

児童文学の世界を中心に描きました。「大草原の家」「不思議の国のアリス」「大草原の小さな家」など、
子供の時は映像で見る事が多かった世界です。
今回は本から味わい、「メアリーポピンズ」「みどりのゆび」なども加え、私の感性で描きました。
初個展です。
初めての方にもたくさん見に来て頂き、楽しんでもらえたら幸いです。

2023年10月31日(火)〜11月5日(日)
12:00~19:00  最終日 17:00まで

東日本大震災 復興支援チャリティ 素敵に食卓 日本酒ラベル展ⅩⅣ彩

東日本大震災 復興支援チャリティ 素敵に食卓 日本酒ラベル展ⅩⅣ

28名の作家による 彩 をテーマに制作した日本酒ラベルをお愉しみ下さい。

浅羽容子/天野聡美/飯野和好/池田あきこ/石川ゆかり/
石田尚子/伊波二郎/大野隆司/小川ナオ/小倉正巳/
柿崎かずみ/川浦良枝/国武 将/クリシュナ智子/
さとうしのぶ/ 千耕/髙橋三十三/髙松ひとみ/
たちようこ/なかがわみさこ/蜷川みほ/原 マスミ /
正岡えみ/Matsu★Bockrin/ミズシマシゲル/武藤良子/
山口マオ/山崎杉夫

デザイン◎唐澤亜紀

2023年10月24日(火)~10月29日(日)
12:00〜19:00 最終日17:00まで

売り上げの一部はあしなが東日本大震災遺児支援募金に寄付いたします。
協賛 : 株式会社 一ノ蔵

よしざわようこの銅版画と石版画Messages from Savanna, Voices from Forestサバンナからのメッセージ、森からの声

よしざわようこの銅版画と石版画Messages from Savanna, Voices from Forestサバンナからのメッセージ、森からの声

太陽が照りつけるサバンナでも、鬱蒼とした樹々に囲まれた森でも、動物たちは健気に生き、
時にまるで人のような感情や仕草を見せます。サバンナからのメッセージを受け止め、
森からの声に耳を傾けて、いつまでも制作を続けたいと願います。
動物たちからの優しいメッセージやユーモラスな声を聞きにきていただけたら嬉しいです。
今回は銅版画作品に加え、今年の春から始めた石版画作品を初めて発表します。
40キロもある本物の石灰石を用いて制作しました。
銅の硬さと違い、石灰石の優しい肌合いを感じていただけたら幸いです。

2023年10月11日(水)~10月22日(日)
12:00~19:00  最終日17:00  月曜休廊

中島史子展瞬

中島史子展

ギャラリーMalleでは以前、「時を遊ぶ 時に遊ぶ I, II」というタイトルの個展を開催させていただきました。ポストコロナの現在、デジタル化の急速な発展・普及により、時の観念が変化してきたように感じています。今展では、「時を遊ぶ 時に遊ぶ」で発表したこともある拙作コンテンポラリージュエリーを基に制作した鉄の彫刻、またスペイン、スイス、オランダを巡回したコンテンポラリージュエリー展に出品したシリーズなども展示いたします。

ご高覧いただけたら幸いです。  中島史子

2023年9月27日(水)~10月8日(日)
12:00~19:00  最終日17:00 月曜休廊

井上洋介展

井上洋介展

絵を描くことその周辺全てを含めて、父は創作そのものが呼吸以上に無意識の日常だった。
俺は寝ている時も仕事をしていると言っていた。家にアトリエと呼ぶ場所は無い。仕事場と父は呼び、家族もそこが仕事場と認識していた。意味合いは同じだろうが生涯1度たりとアトリエなる言い方をしたことがい。制作は集中的に没頭し、短い間に量産する。ひとしきり没頭すると、全く違う何かに意識は完全に切り替わり、再び、新たな作品を量産する。創作とか制作という単語も父の口から聞いたことは無い、仕事だから。
2005年、父75歳のスクラッチボード。これを展示した当時、既に全く違う作品に着手していた父が目を細め微笑む先は若くて健やかにしどけない女性。はいつものこと、しかし、これも仕事だととぼけた顔で父は言った。                                       井上真樹

2023年9月13日(水)~9月24日(日)
12:00~19:00 最終日17:00 月曜休廊

川浦良枝  個展SWEETS

川浦良枝 個展SWEETS

森のどうぶつたち、ねこパティシエ、テディベア
夢みるスウィーツ
「SWEETS」

猫のパティシェと森に暮らす動物たちを主役に
スウィーツをテーマにした描き下ろしイラストレーションとジークレー版画を作りました。
そして、数多く手がけてきたクラシカルなテディベアシリーズのグリーティングカード原画も
展示販売します。

2023年8月29日(火)~9月10日(日)
12:00~19:00 最終日17:00 月曜休廊

ミヤタチカ個展忘れたくない断片

ミヤタチカ個展忘れたくない断片

日々の中で、ぐっときたもの、記憶に残っている風景、忘れたくないもの、
噛みしめておきたいものを描きました。
この夏出版予定の『ミヤタチカのお絵描き水族館』(玄光社)の原画も展示します。

この日常が少しでもわくわくしたり楽しい気分で過ごせますように。
ぜひぜしお気軽に遊びにいらしてください。
お子さまも大歓迎です。
心よりお待ちしております。

2023年7月21日(金)~7月30日(日)
12:00~19:00 最終日17:00 月曜休廊

浅羽容子 個展 再生可能サマーデイズ

浅羽容子 個展 再生可能サマーデイズ

「再生可能」という言葉が好きです。

役目を終えても、何度でもよみがえる、
そんな不屈のパワーを感じます。

また、近年の夏の日々(サマーデイズ)は、
気温40度の酷暑になることも珍しくなくなりました。
このままだと、気温100度もいつしか現実に……。
楽しかった夏が、苦しい夏になりつつあります。

自然豊かで平和な地球で、適度な暑さの夏が毎年再生して欲しい、
そんな思いを込め、夏の絵を沢山描きました。
どうぞ、ご高覧ください。

2023年7月11日(火)~7月16日(日)
12:00~19:00 最終日17:00まで

百瀬靖子夜長々 Moonlight

百瀬靖子夜長々 Moonlight

顔のあるお月様が子供の頃から大好きでした。
毎日、ふと気がつくといつも窓からお月様と目が合い励まされたり和みます。

2023年7月4日(火)~7月9日(日)
12:00~19:00 最終日 17:00

niŭ 2023 Exhibition「りぼんなんて大きらい。」展

niŭ 2023 Exhibition「りぼんなんて大きらい。」展

私自身が子供の時、着せ替え人形のように服を着せられることが大きらいでした。
大人になった今も、汚れたって破れたってかまわない動きやすい服が好きです。
これまで一緒に暮らした猫に、りぼんをつけると喜ぶ子もいましたから個人差があると思いますが、
今回は私と同じようにりぼんをつけられて、仏頂面の子を描いてみました。
前回のギャラリーまぁるの個展(2021年)でも展示した「天使が抱きしめた犬(猫)
の新作やハンドペイントの陶器の犬作品も展示します。
身体のある世界でもない世界でも、犬たちも猫たちも、痛いことも怖いことも、
苦しいことも、辛いこともなく、のびのび毎日くつろいで過ごせますように。願いを込めて。

2023年5月24日(水)~6月4日(日)
12:00~19:00 最終日17:00  月曜休廊

鏡の国のアリス

鏡の国のアリス

1871年 ルイス・キャロルの児童小説「不思議の国のアリス」の続編として
「鏡の国のアリス」が書かれ、今なお多くの人々に読み継がれています。

それぞれ技法の異なる作家による「鏡の国のアリス」をどうぞお愉しみください。

北見葉胡 野村直子 林 千絵 吉田稔美

2023年5月10日(水)~5月21日(日)
12:00~19:00 最終日17:00  月曜休廊

東日本大震災被災地支援・チャリティー展XIII友だち

東日本大震災被災地支援・チャリティー展XIII友だち

浅羽容子 東逸 子 あずみ虫 天野聡美 アヤ井アキコ 
いちかわかおり 宇田川民生 大野隆司 小川麻子 
小川ナオ 小倉正巳 片岡まみこ 川浦良枝 
カワシマミワコ 管野研一 北見 隆 木村晴美 国武 将 
近藤美和 齋藤雨梟 さかうえだいすけ さかたきよこ 
三溝美知子 すぎうらよしこ 高松ひとみ タダジュン 
たちようこ とどろきちづこ とりごえまり なかがわみさこ 
中村みつを 蜷川みほ 猫野ぺすか 野村直子 
はせがわゆうじ 浜野 史 原 マスミ 日野まき bonhanco 
正岡えみ Matsu★Bockrin 南 椌椌 山崎杉夫 
よしざわようこ

チャリティ展も今年で13回を迎えます。
趣旨にご賛同頂いた44名の作家の方々が
”友だち”をテーマに描いた作品をお愉しみ頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

2023年5月2日(火)~5月7日(日)
12:00~19:00 最終日17:00

片 言 集

片 言 集

書   千登勢
写真館 本田 一
白蛤  卜部
香肆  きざし乃

片言集(かたことしゅう)は 変幻集(へんげんしゅう)とも、
「書」「写」「ト」「香」四名が 二週「まぁる」に集います。

ぬはたまの くろきこのみを あやかせる
      しろきかへんの かはらなてしこ     不知

2023年4月19日(水)~4月30日(日)
12:00~19:00 最終日17:00  月曜休廊

山口マオおもしろ小品展

山口マオおもしろ小品展

ボクにとっては久々のギャラリーまぁる での個展です。
まぁるのオーナー木川さんとはかなり長いお付き合いになります。
木川さんが まぁるの前身モンスイユでギャラリーを始めてちょっとした頃なので、
もう何年前か忘れてしまったくらいです。
モンスイユ時代は1~2年に一度は個展をやらせていただいていました。
場所を移し、ギャラリーまぁるを開かれ、更に今の場所に移転してからは初の個展です。
『おもしろ小品展』と題していますが、若干大きめの作品もありますし、手頃なほんとに小さなもの、
普段作らない木片や立体的なものに描いたもの、マオ猫が登場しないものなども展示します。
昨年、デビュー35周年を記念し出版された『山口マオ作品集』や多少のグッズも販売します。
ぜひいらしてください。   山口マオ

2023年4月5日(水)~4月16日(日)
12:00~19:00 最終日17:00  月曜休廊

サクライ コリーン展WHISPERED  INTENTIONSささやかれた意図

サクライ コリーン展WHISPERED INTENTIONSささやかれた意図

” ささやかれた意図 ” は、アーティストと素材との間の微妙でありながら深遠な対話を差します。
それは繊細なダンスであり、最終に訪れる結果はいつも、最初のアイデアとは異なります。
素材の持つ固有のルールと常に向き合うことで、私はもはや完璧さよりも素材のささやきに耳を傾け、同時に自身の意図を主張しバランスをとることだけに関心を抱きます。
それぞれの行動はリスクを冒し、飛躍し、結果は常に驚きです。
最終的に、作品はそれ自体の生命、それ自身のエネルギーを持つものになり、
それは同時に、私を表し、その瞬間まで認識していなかった私の一部である何かを表現します。

2023年3月22日(水)~4月2日(日)
12:00~19:00 最終日17:00  月曜休廊

鹿子木 美 イラスト展ちいさな世界 

鹿子木 美 イラスト展ちいさな世界 

虫や道端の草が好きで、石けりをしながら家に帰る子どもでした。
ちいさなものから大きなものまで、
いきものみんなが繋がっていると知ったのはそれからしばらく後です。
そして友達の友達に思わぬところで出会い、
横の繋がりを知ったのはさらにその後でした。
なにもしなくても、いつもみんなどこかで繋がっている。
友達と離れがちな今、また足元のちいさなものに焦点を合わせて、
ちいさくて広い世界を見たくなりました。

2023年3月14日(火)~3月19日(日)
12:00~19:00 最終日17:00まで

さとうしのぶ展きざし

さとうしのぶ展きざし

この混迷の時代、不安や心配は尽きないけれど、
小さな植物の芽に暖かな春の兆しを感じるように、
小さな幸せのきざしに希望を託して進んでいきたいという気持ちで
テーマを「きざし」としました。

2023年2月28日(火)~3月5日(日)
12:00~19:00 最終日17:00

Pin It on Pinterest

Share This