恩田好子個展とんがった 毒の鉛筆 ポケットにPoison-Peaked-Pencil in Your Pocket

いつもポケットの中であたためている鉛筆の先から、時々モンスターのような、異形のものがうまれることがあります。

そのへんにいそうな動物だったり、この世には絶対にいそうもない姿だったりします。
しっぽが蛇になっていたり、なにかちょっと毒があるようなものなのですが、どうもこれらはみんな私自身であるようで、なにか言いたくて出てくるのですね。

いつか絵にできないだろうかと思っていたそれら想像上の生き物たちを中心に、新作ばかり並べます。ちょっと奇妙な自画像のシリーズのようなものですが、お楽しみいただけたらと思います。

2022年7月26日(火)~7月31日(日)
12:00~19:00 最終日 17:00まで

トリノコの森

同じようで全部違う形の木の葉みたいに、
同じだけど違うものを並べて森をつくれたら良いなと思いました。
レーザーカットと手彫りを組み合わせて作る木の作品などを展示販売いたします。

2022年7月19日(火)~7月24日(日)
12:00~19:00  最終日17時まで


トリノコ
絵を描いたり木を彫ったりしているひと。三重県生まれ。武蔵野美術大学卒。
『日々の光』( ジェイ・ルービン著 ,柴田元幸, 平塚隼介翻訳 / 新潮社 / 2015年)表紙に木彫作品を提供。
『つながる短歌100 人々が心を燃やして詠んだ三十一文字』(あんの秀子著/ 朝日新聞出版 / 2021年)の挿絵を担当。
小さい木彫りと謄写版印刷を中心に制作を続けている。

武藤良子個展「百椿図」

「昨年冬、椿油のパッケージを描く仕事をいただきました。
冬から椿を描き続け、パッケージ用の絵が描き終わったあとも、
椿の色や形に惹かれ手を動かし続けました。
そうして出来たたくさんの椿の絵を展示しようと思います。」

2022年7月12日(火)~7月17日(日)
12:00~19:00 最終日 17:00まで

たち ようこ テンペラ画展葉 音

木漏れ陽 鳥休む枝 風はらむ草花
わずかな時間にひとたび帰れば
明日からも歩いてゆける
共に呼吸していることを忘れないように

2022年7月5日(火)~7月10日(日)
12:00~19:00 (最終日 17時まで)

Pin It on Pinterest