ギロ作品展「月の裏側でダンスをあなたと」

ギロ作品展
「月の裏側でダンスをあなたと」

2012年4月17日(火)〜4月22日(日)

月の裏側は不可視だ。自転周期と公転周期が地球と同じなため常に同じ面を地球向けているからだ。この月の裏側で一夜限りのダンス・フェスティバルが開かれた。出演者は地球のどこか傷を負ったダンサーばかり、いわば落伍者である。堕天使との契約で生涯をオルゴールとして生きるダンサー、精神の二面性に悩み自ら盲目となったダンサー、タイムマシーンの誤操作で不時着したダンサー、日常の言葉を失った替わりに鳥語を理解し鳥のように舞うダンサー、雨の国に落っこちたダンサー、サイボーグの義足を持ったバレエダンサー、美女と謳われるがほとんどの恋人が自害したダンサーたちなどだ。彼らのダンスは地球では影としてしか見ることができない、にも拘らず彼らは多くの人々を魅了した。彼らは「月影のダンサーDANCER OF MOON SHADOW」と呼ばれ伝説になった。

落伍者ダンサー:
Flare(2011メジャーデビューシンガー)、凜花せら(元宝塚歌劇団・女優)、
MAMIZO(Hip-Hop)、Nicole(Bellydance)、ナグワ(Bellydance)、KETZ(Jazz)、
ヒロユキ仮面(Jazz)、Sayaka(Ballet)、bable(Street)、SAK(IHipHop)、
Koma・Linda(Performer)、他


Share on FacebookTweet about this on TwitterGoogle+Pin on PinterestEmail to someonePrint this page

コメントは受け付けていません